Acrobat ReaderでPDFファイルに電子印鑑を押印

Adobe Acrobat Reader DCは、アドビ純正のPDFビューワーで、PDFファイルの閲覧に使われています。

また、Adobe Acrobat ReaderはPDFの閲覧だけでなく、署名、共同作業、注釈の追加が無料でできるソフトウェアです。

無料でも十分に使えるのですが、PDFの編集やExcelやWordなどのファイル形式に変換する場合は、PDFの編集や変換が可能なAcrobat Proにアップグレードする必要があります。

Adobeの無料PDFビューワー「Adobe Acrobat Reader DC」には、PDFファイルに電子印鑑を押印したり、電子署名を追加する機能があります。

中でもスタンプ機能はとても便利で、Acrobat Readerに認印や社印、角印などを登録しておくと、PDFファイルに電子印鑑を押印できるようになります。

「無料で作成 電子印鑑の使い方」では、Adobe Acrobat Reader DCを使ってPDFファイルに電子印鑑を押印したり、電子署名を追加する方法を紹介しています。

電子印鑑 PDFでの使い方

PDFファイルで電子印鑑を扱える無料のフリーソフトは、Adobe Acrobat Reader DCの他に、文字入力や画像挿入ができるPDF-XChange Viewerもあります。

日本独特のハンコ文化が在宅勤務やテレワークの障害となっており、押印のためだけに会社に出社する人もいるそうです。

Adobe Acrobat Reader DCをうまく使いこなして、契約書や稟議書などのPDF文書と電子印鑑を組み合わせると、書類の電子化やペーパーレス化を進めることができます。

他にはスマホ版Adobe Acrobat Readerを使って、電子印鑑をPDFに押印する方法も紹介しています。

Adobe Acrobat Reader のツールには「スタンプ」という機能があり、見積書や請求書などのPDFファイルに電子印鑑を押印できますが、この機能はスマホ版のAcrobat Readerでも使えます。

作成した電子印鑑はPDFファイルにそのまま押印できます。スマホがあれば外出先でもPDFの見積書や請求書に電子印鑑を押印できるので便利ですよ。

Acrobat ReaderでPDFファイルに電子印鑑を押印
Scroll to top