高温においても溶けないアイスが中国で話題!なぜ溶けないのか?

アイスクリームの「エルメス」とも呼ばれる中国の高級アイス「チッククリーム」が、火に近づけても全く溶けないとして、インターネット上で物議を醸している。
火で炙っても形が崩れないアイスバー「鍾雪高」の動画が話題になっています。室温31℃の部屋に1時間放置しても全く溶けないというのだ。
最も高価な「中雪国」アイスが66元(約1300円)であることから、価格設定を疑問視する声や、添加物を過剰に使用しているのではないかと懸念する声もある。
「中雪国」は6日、同社の製品は国家安全基準に沿っていると説明した。
同社は微博に「焼いたり、乾燥させたり、加熱したりしてアイスクリームの品質を評価するのは科学的ではない」と投稿し、この投稿には16万8000件以上の「いいね!」が付いた。
AFPは、アイスクリームを火であぶる様子を映した動画の真偽を確認できていない。
大量生産されるアイスクリームには通常、安定剤が含まれており、米国食品医薬品局(FDA)の認可を受けている。
記事にもあるように、ジョン・スタック社は「アイスクリーム界のエルメス」と呼ばれ、最も高価な商品で1食1200円以上するため、昨年から原価などをめぐってプチ論争が起きている。
同社は「店頭販売はしていない」「コンビニの冷凍庫に1〜2個入っている程度」「商品に問題はない」と主張している。この投稿に対し、「実は店頭では全く売っておらず、コンビニの冷凍庫に1~2個入っているだけ」と揶揄する声も上がっている。
中国産アイスの高級化はこのブランドに限ったことではなく、先月には高級白酒ブランドとして知られる茅台が1個1000円以上する白酒アイスを発売している。味や価格に見合うかどうかは別として、これはSNSを意識した「見かけ倒し消費」の一つの現れと言えるでしょう。
以前、夏にアイスバーを食べている途中で慌てて家を出て、食べきれなかったアイスバーをキッチンテーブルの上にポンと置いたことがある。
日本のスーパーでよく売られているアイスバーだった。
まあ、溶けたんだろう。思っていたんです。
しかし、数時間後、家に帰ると、それはまだ同じ形をしていた。
もちろん、溶けたのではなく、形も食感も味も違うものに固まっていたのだ。
ちょっと怖かったのを覚えています。

高温においても溶けないアイスが中国で話題!なぜ溶けないのか?
Scroll to top