高価なものからプチプラまで使ってみて行き着いたのは化粧水の値段ではなかった

化粧水を使い始めて20年ほどになります。これまでにたくさんの化粧水を使ってきました。使い始めの若い頃は、有名女優さんが出ているCMに釣られて、その商品をよく買いに行ったものです。美容部員のお姉さんに肌がキレイと褒められ、ついつい余計なものまで買ってしまうという懐かしい時代でした。値段と効果は比例する、これを使えば女優さんのようにキレイなお肌になると信じていた自分が可愛らしく思えます。そんな20代を経て、30代は「無添加・ボタニカル」にハマりました。
美容院で購入できる少し値がはる化粧水、けれど効果は抜群でした。肌にも優しく、アレルギーのある私にも安心して使える商品です。そのおかげか、どこへ行っても「肌ツルツルだね」と褒められていました。けれど続かなかったのは、高すぎるということです。プチプラと肌へのやさしさを求め行き着いたのが、精製水とグリセリンを使った手作りの化粧水です。
肌に優しくプチプラなことはいいのですが、手間と保存がきかないことがネックです。その他にも、気になった時にシュッと吹きかけることができるスプレータイプは使い勝手が良く常に顔に吹きかけていました。肌へ水分を与えることが一番の正義と思い込んでいた私です。けれど、それだけじゃダメと気がついた時には遅かったです。まるで、干上がった地面のように乾燥しきった肌にゾッとしました。そうなんです。皆さんはもうご存知の、化粧水の後の乳液などで蓋をするということが私には欠けていたのです。結局、40代で使い続けているのは手間もコストもかからない、潤いと蓋をしてくれるオルビスユーの化粧水です。
オルビスユーは7日間体験セットもあって、使った人の評価も高いのでぜひ一度試してほしい化粧水。
>>オルビスユー7日間体験キットの口コミはこちら
それからはオルビスユーの商品を使っています。決して効果なものではありません。だけど、プチプラで一石二鳥のお手入れができるこの商品が一番継続できそうです。化粧水の成分よりも継続できる使い方と継続できるプライス、それが一番私の肌に合っている。これが、高価なものからプチプラまで使ってみてたどり着いた私の化粧水の使い方、選び方です。

高価なものからプチプラまで使ってみて行き着いたのは化粧水の値段ではなかった
Scroll to top