動画クリエイターとマーケターと営業と

セールス&マーケティングチームの構築を任されたとき、陥りやすい罠があります。

気をつけないと、セールスやマーケティング担当者ばかりを採用してしまうことになりかねないのです。

問題は、セールスとマーケティングはまったく異なる分野であるということです。

そして、セールスやマーケティング担当者だけを採用しても、充実したチームを作ることはできません。

異なるスキルセット、経験、視点を持つ人材を採用する必要があるのです。

充実したチームを作りたいのであれば、他のことに興味がある人を採用する必要があるのです。

他のことに興味を持っている人は、総合的な能力を備えている可能性が高いのです。

多様なスキルや経験を持っている可能性が高いのです。

そして、さまざまな角度から世界を見ることができるのです。

セールスやマーケティングだけでは、総合的なチームにはなりません。

映像クリエイターの世界でも同じことが言えます。動画クリエイターと副業で動画を作る人も、統合的な能力が必要あります。

ただし、この2つには違いがあります。総合的な映像クリエイターとは、映像を作ることを生業としている人たちです。お金をもらって動画を作っている人たちです。一方、副業で動画を作る人は、生活のために動画を作っているわけではない人たちです。趣味で、あるいは収入を補うために動画を作る人たちです。

動画作りで生計を立てる方法を学ぶには、動画スクールに通うことをおすすめします。

動画制作で生計を立てるには様々な方法がありますが、最も一般的な方法はフリーランスの動画制作者になることです。また、制作会社のビデオグラファーや報道局のカメラマンとして働くことも可能です。他にも動画でお金を稼ぐ方法はたくさんありますが、これらが一般的です。

そこでおすすめなのが、映像クリエイター養成スクール「ビデオレジェンズ」です。動画クリエイタースクール VIDEO LEGENDSの口コミと評判ここにビデオレジェンズの口コミや評判が載っていました。

そういえば、最近、面白い動画を見ました。それは、街頭インタビューを受けている人たちのクリップをモンタージュしたものでした。彼らが受けた質問は、その国の王室をどう思うか、というものでした。反応はまちまちだが、圧倒的に肯定的なものが多く、否定的なものはない。しかし、”どうでもいい”、”わからない “と答える人も多かった。Brexitの質問で一貫して感情的な回答が多かったのとは対照的です。一般市民は、王室にはあまり関心がなく、Brexitに関心があるようです。

これは、人々があるものには深く関心を持ち、他のものには持たないことを示すもので、興味深いことです。人々が何に関心を持ち、何に関心を持たないかを知ることは、人々にとって何が重要かをよりよく理解することに役立つと思います。

動画クリエイターとマーケターと営業と
Scroll to top